土地売却や不動産鑑定は豊富な知識で解決~充宅アドバイザー~

不動産を相続

不動産を相続すると納税義務を負うことになります

家族の遺産を相続することになった人も多くいるでしょう。その中には土地や建物などの不動産があるでしょう。相続した不動産に自分で住む予定がある場合だといいですが、既にマイホームを購入済みであるような場合には、相続不動産がとんだお荷物になってしまう可能性が高いです。不動産を所有していると、たとえその不動産を使用していなかったとしても、毎年固定資産税を支払わなくてはならなくなります。また、被相続人の死亡後10ヶ月以内に相続税も納めなくてはならないことになっていますので、かなり大変です。場合によっては負担ばかりを背負い込むことになりかねませんので、使うあてがないのであれば、相続不動産売却業者に依頼して売ってしまうようにするのが一番です。

相続不動産売却業者のサービスについて

相続不動産売却業者に依頼すると、その不動産の購入希望者を探してもらうことができます。相続不動産売却業者も宅地建物取引業法の適用を受けることになっていますので、買主探しをしてもらっただけで何らかの料金が発生してしまうようなことはありません。普通の不動産業者に売却の仲介を依頼した場合と同様に成功報酬主義が取られていますので、安心して利用することができます。また、相続不動産売却業者は、相続不動産の買取サービスも提供しています。遺産分割協議に時間がかかってしまい、自分が不動産を相続することが決まった時には既に相続税納付期限ギリギリになってしまっているようなケースがあります。そのような場合は悠長に買主探しをしているわけにはいきませんので、相続不動産売却業者の買取サービスを利用するのが得策です。